速い!安い! 名刺作成通販サイトランキング

総合ランキング

株式会社オンデオマ
評価★★★★★
デザイン名刺.net
評価★★★★★
Prinsta(プリンスタ)
評価★★★★☆

home > 速い!安い!名刺情報 > 名刺作成は、素早くがとても大事なこと

名刺作成は、素早くがとても大事なこと

名刺作成を依頼するときには、仕事で利用することが多いものであるため、仕上がりがスピーディーな会社を選ばなくては、仕事で使うことができなくなってしまいます。
名刺を作るということは、仕事で使うものであるため、常に用意をしておかなくてはなりませんが、仕事の忙しさによって、なくなっていることを忘れてしまうこともあります。
名刺作成を依頼するときには、すぐに注文をしてから印刷をしてくれるところを選ぶことで、仕事にも支障をきたすことがなくなります。
名刺の印刷をはやめたいときには、これまで使っていた名刺をそのまま印刷してほしいなどの場合には、出来上がりを指定することができるため、すぐに印刷をしてもらうことができます。
印刷会社には、仕上がりの目安の名刺を確認してもらうことで、すぐに印刷に入ってもらうということができるようになるため、早めの仕上がりにすることができます。



より自分をアピールすることができる名刺作成

初対面の人には挨拶などをします。
会社の一員としてであればどんな会社に所属しているのか、部署等も伝えます。
そして大事なのは自分の名前です。
一般的な苗字のこともありますし、珍しい苗字の場合もあります。
珍しい苗字だと覚えてもらいやすい場合があります。
挨拶は基本的には一回しかできません。
会ってすぐに行い、それ以降はできません。
もしそこで相手への印象が薄ければ、どんどん自分のことが忘れられます。
そうならないためにも、自分自身をしっかりアピールできる名刺作成をしなければいけません。
同じような名刺のように見えて、アピールポイントをしっかりと着目したものがあります。
それらをうまく利用すれば、相手への印象を残しながら、名前などもきちんと憶えてもらえるようになります。
ただ会社名、名前などが書かれていればよいわけではありません。



名刺作成では書体やフォントを選ぶ

ビジネス書類を作成するとき、一般的には明朝体と呼ばれる書体を利用することが多いです。
文字の強弱がついているので、読みやすいです。
一方、プレゼンなどで注目をしてもらいたいところならゴシック体などを使います。
はっきりと主張をした言葉を表現できます。
名刺作成をするとき、書体やフォントを選択する必要があります。
会社などで統一のものがあるならそれを利用しますが、独自に作るのであれば新たに考える必要があります。
明朝体であれば誠実さを表現することができます。
誰にでも信用してもらえるように作ることができます。
少し親しみを持ってもらえるようにしたいなら、ゴシックタイなどを使うと良いかもしれません。
明朝体に比べると文字の表現が柔らかくなります。
会社同士のビジネスで使うよりも、個人のお客さんに対して渡すときなどに良いかもしれません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP